行政書士は、広い範囲で身近な人々の役に立てる仕事です

行政書士がどんな仕事をするのか、くわしく知っている人は少ないでしょう。
簡単にいえば、国や都道府県、市町村などの役所に届け出る書類を書いて提出するのが行政書士の仕事です。

お役所に提出する書類といっても、その書類は運転免許証や契約書など個人に関するものから会社やお店の営業許可申請まで幅広く、その数は7000種類以上とも言われています。
具体的に見ていきましょう。

たとえば店舗として事業を営むために届出が必要な仕事には、
飲食店や食肉販売、建設業者、パチンコ・ゲームセンター、リサイクルショップなどたくさんの業種があります。
そういう仕事を始めたいと思っている人から、仕事をするのに必要な手続を依頼され、相談にのり、書類の作成を行うのが行政書士です。 個人からの相談では「自動車の車庫証明の手続きをしたい」といった身近な相談から、「農地を売りたい」「相続の手続きをしたい」など財産に関与する依頼もあります。

また、株式会社の設立や、NPO法人、医療・社会福祉法人、学校、組合などの法人設立の手続きとその代理も、行政書士はお手伝いをしています。

要約すると、行政書士の仕事内容は大きく4つに分かれることになるのです。

  • 官公署に提出する書類の作成
  • 官公署に提出する手続きについて代理をする
  • 契約その他の関する書類を代理人として作成する
  • 書類の作成について相談に応じる


行政書士が広い範囲で身近な人々の役に立てる、「町の法律相談所」であることはよく言われてきました。 近年は技術の進歩も速く、さまざまな法律の知識を活かしながら、依頼者のアドバイザーやコンサルタントとして活躍できるのが、行政書士の仕事だと思っています。

たとえばコンピュータのソフトや音楽、小説などの分野は、自分で作品をつくる人たちがどんどん増えているので、著作権の法律的な整備もこれから進んでいくと思います。
日本の産業がこれからどのように変化するのか、業界動向を追いかけたい方にも、
行政書士は向いている仕事かもしれません。

また、依頼者から満足していただくには、本人もたくさん勉強していく必要があるので、
生涯興味の尽きない仕事だと思います。

このページの先頭へ

イメージ画像