勉強場所のつくり方

行政書士の受験勉強は、時間との闘いです。空き時間が少しでもできたら、素早くテキストでも開いて勉強時間を増やす姿勢を持つことが大事です。

ところで時間のことばかり見ているわけにはいきません。行政書士の受験勉強に使う時間を増やすのなら、勉強に使う場所も増やさないといけないからです。

・飲食店の中
仕事中でも、休憩時間があれば食事が終わったあとの時間を、そのまま使えることは多いですね(長居すると注意されますから、ほどほどで切り上げるべきですが)。ファミレスやファーストフード店、喫茶店なんかは、実際によく勉強している人をちょくちょく見かけます。

・電車・バスの中
CDやスマートフォン、iPadなんかを使えるなら、通勤時間や通学時間も、行政書士の受験勉強に使えますね。

・図書館
公共の図書館の座席は、予約制になっていることが多いですね。しかしずっと前から自習に使われてきた場所です。休日なんかに席を使えそうだったら、使ってみましょう。静かな環境で勉強できます。

・自習室
行政書士のスクールに通っているなら、校舎内に自習専用の部屋が設けられていることがありますね。席がどれくらい空いているかは、行ってみないとわかりませんが。

最近は、有料の自習室が一般的になってきました。費用はかかってしまいますが、勉強に適した環境を確保できます。1日単位で利用できるところもありますから、「家での勉強では能率が上がらなくて困っている」、といった場合には検討する価値があるのではないでしょうか。

このページの先頭へ

イメージ画像